Honoka KAWAZOE 川添微

エメラルド原石プレゼンテーター

宝石鑑定士(GIA)

ジュエリーデザイナー

1971年兵庫県で生まれ、瀬戸内海の沿岸の香川県高松市で育つ。

幼少の頃から、海、山に親しみ、裏山から出るカンカン石(サヌカイト=讃岐岩。

高い音がし、古代日本の楽器の素材でもあった)で遊ぶ。

高校時代、サラブレッドの美しさに惹かれ、馬術で国体に出場。

日本獣医大学(現・日本獣医生命科学大学)に入学したが、

自分のライフワークの可能性をもとめて大学中退。

1991年、インドネシア・バリ島でオニキス、ラビスラズリ、

水晶の加工、オーストラリアでオパールの採掘、研磨に携わるなど、

東南アジアやオーストラリアを旅しながら、

各地で採取、採掘される宝石に触れる。

1993年、エメラルド原石輸入会社に就職。これがエメラルドとの運命的出会いとなり、

5年間、女性としては希有なジュエリーのバイヤーとして

南米・コロンビアの鉱山で採掘や研磨、加工に携わる。

2001年、ジュエリーデザイナーとして独立するため、

宝石学の教育機関GIA(Gemological Institute of America)ニューヨーク校で学び

宝石鑑定士の資格を取得。

1998年-2004年 ニューヨークを拠点に活動。

2002年、初の個展を高松のギャラリーenで開催(以後隔年)。

2004年より、自然のエネルギーあふれる場所にアトリエを移し、現在に至る。

大阪・阪急、東京・伊勢丹新宿店、東京・三越銀座店などで、

毎年個展を行い、新作を発表している。